• ホーム
  • 理科の勉強方法
  • 理科の豆知識
  • 計算問題 〜解法の奥義皆伝〜
  • お問い合わせ
  • 家庭教師について
  • 新6年生の受験勉強(2) 〜入試までのスケジュールを再確認〜


     2月に今春の入試が終わってから早2か月が過ぎようとしています。来春の入試まではおよそ10か月ということです。そこで今回は、首都圏の入試を例にして、この1年間のスケジュールを簡単に再確認してみようと思います。 「スケジュールなんて、とうの昔に頭に入っている」とおっしゃる方も多いと思いますが、これからのお話の布石としてサッと目を通していただくだけですので、おつき合いください。

     それでは、来春の入試から現在までに遡る形でスケジュールをたどってみましょう。なお、詳細な日程は必ず“入試要項”でご確認ください。

    ・来年2月……東京・神奈川入試

     毎年2月1日が解禁日です。ほとんどの中学校は、2月6日までに入試が終わります。

    ※ 入試日程等の情報は、必ず“学校のウェブサイト”あるいは“入試要項”で確認する

     必要があることを覚えておいてください。もちろん、塾などが公開する資料などは細心

     の注意をもって作られていますが、万が一誤っていたときには取り返しがつきません。

     ご自分にとって特に重要なものについては、確認されることをおすすめします。


    ・来年1月……(上旬) 地方校の首都圏入試 および 埼玉県入試

              (下旬) 千葉県入試

     冬休みが終わる頃に、地方校(函館ラサール,土佐塾,長崎日大など)の東京入試が始まります。また、それに続く形で10日前後から埼玉県入試(栄東,浦和明の星など)が始まりますので、多くの受験生が冬休み明けから入試戦線に突入することになります。

     東京・神奈川の中学校を第一志望校にされている方の多くが、滑り止めだけではなく模試代わりとしても受験します。特に、埼玉の栄東中・千葉の市川中の入試が大規模で、いずれも受験生は軽く1000人を超えます。例えば、栄東の東大選抜コースは、2月の最難関校入試の前哨戦として知られています。

     1月校は、進学の如何にかかわらず、ぜひとも受験されることを強くおすすめします。

     なお、12月には海陽学園の特別給費生入試がありますので、最難関校を目指す男子受験生の中にはこの入試が皮切りとなる方もおられるでしょう。


    ・11月〜12月ごろ……受験校決定のための面談

     ほとんどの塾では、11月〜12月上旬ごろの間に、各自の受験校を最終的に絞りこむ保護者面談が実施されます。この面談では、塾側からお子様の志望校の合格可能性が伝えられることになります。 成績不振を理由に、それまでの第一志望校を変更する必要があると伝えられることもしばしばです。その際、根拠とされるのが各種の『公開模試』の成績およびその推移です。したがって、夏休みまでに模試で相応の点数が出せるように準備を整えておく必要があるわけです。

     なお、この面談では塾側から併願戦略を含めた“受験パターン”も提示されます。


    ・9月……@ 各塾の『公開模試』の開始

             合不合判定テスト(四谷大塚)・合格判定テスト(日能研)・

             合格力判定サピックスオープン(SAPIX)・統一合判(首都圏模試) など

           A 各塾の学校別の模擬試験((かんむり)模試)     

           B 過去問演習の開始     

     塾の公開模試は、それぞれの塾がほぼ毎月1回のペースで実施しています。 公開(オープン)模試ですから、他塾生も受験することがあります。 なお、同じ中学校でも模試によって合格偏差値は違いますから、異なる模試での偏差値を単純に比較することは無意味です。

     また、塾によっては、学校名を冠した“冠模試”を実施することもあります。なお、冠模試を受験される際は、できるだけ受験生が多い模試を選ぶことをお勧めします。

    ※ 模擬試験および過去問演習につきましては、『入試に向けた6年生の勉強』という特集記事がございますので、正しい模擬試験の選び方とは? をはじめとする6本の記事もあわせてご覧ください。


    ・7月末〜8月……夏休み(約40日間)

     “受験勉強の天王山”とも称される貴重な時間です。1日に10時間勉強する場合なら、総学習時間はおよそ400時間です。 この時間数は、平均的な受験生が1学期(約90日)の間に勉強する時間にほぼ相当することになります。


    ・4月末〜5月上旬……ゴールデンウィーク(GW)

     塾によっては、GW期間中にさまざまな特別授業を設定されることもあります。GWが終わると海の日までの約2か月半の間、祝日は一切ありません。 しかし、見方を変えれば、規則正しいカレンダーに合わせて非常にリズムよく勉強を進められる期間ということもできます。


    ・4月……小学校の新学期のスタート

     春休み(春期講習)が終わると、小学校の1学期が始まります。新6年生としての生活が実質的に始まります。 お子様にとっては、小学校での環境が変わることなどからさまざまなプレッシャーを感じる時期でもあります。



     以上、私なりに要所だけを簡単に挙げてみました。これからのお話は、このスケジュールに沿って進めていこうと思います。



     

     

    inserted by FC2 system