• ホーム
  • 理科の勉強方法
  • 理科の豆知識
  • 計算問題 〜解法の奥義皆伝〜
  • お問い合わせ
  • 小6受験生のライバルに差をつける受験戦略(前編)


    ゴールデンウイーク(GW)が終わると、夏休みまではおよそ10週間となります。カレンダーを見ればわかることですが、この10週間には祝日が1日もありません。毎年、生徒にこのことを話すと、たいていはげんなりとするものです。確かに心理的に苦しい面はありますが、逆の見方をすればこれはチャンスであるとも言えるのです。


    そこで少し先の話ですが、夏休みのことを考えてみましょう。

    天の川

    どんな受験生でも、夏休みに入れば必死になって勉強を始めるものですが、よく考えてみてください。それぞれの志望校を目指す受験生たちは皆、夏休みになれば一斉に猛勉強を始めるわけです。そんな中で、自分一人がライバルよりも抜きん出て速く走ることが果たしてできるでしょうか? それが容易にできるというなら、誰も苦労はしません。そういうわけにはいかないからこそ、前もって準備をしておく必要があるのです。


    その鍵となるのが“これからの10週間”の過ごし方というわけです。

    夏休みになったらがんばって猛勉強を始めようと考えている受験生は数多くいますが、実際にそんなことができる受験生はまずいません。その理由は簡単なことです。

    現時点で“集中して勉強している時間”は1週間に何時間くらいありますか? 塾のある日は塾での勉強時間も含めてください。塾のない日は塾の宿題などをしている時間ですが、学校の宿題など受験勉強以外の勉強時間は含めません。あえて強調しておきますが、この時間は「机の前に座っている時間ではない」ということです。わき目もふらず一生懸命に勉強している時間がどれくらいあるか、と尋ねているのです。

    もし、1週間に正味の集中して勉強している時間が30〜35時間(平日は4時間,土・日の合計が10〜15時間というのが目安です)あるいはそれ以上あるのなら、お子様は極めて優秀と言っていいでしょう。しかし、現実には週あたり20時間前後というお子様がほとんどです。机の前に座っている時間の6〜7割くらい集中できていればいい方だからです。

    このような平均的受験生が夏休みに入った瞬間からいきなり高い集中力を保持しながら毎日7〜8時間(最難関校を目指すなら最低でも10時間以上)も勉強を続けられるでしょうか。前もってきちんと準備を始めていなければ、そんなことはまず不可能でしょう。


    だからこそ、これからの10週間の過ごし方が大きな意味を持つのです。

    ネモフィラ

    今からすぐに平日は毎日4時間以上,土・日は6時間以上の勉強を規則正しく行う計画を立てて、夏休みのスタートダッシュに備えてください。

    やってみればわかりますが、簡単にいくものではありません。しかし、毎日きちんと時間を確保することを目指して努力を続けることが大切です。うまく進められれば、夏休み前までにきっとある程度まとまった時間集中して勉強できるようになることでしょう。


    さて、この計画を実行に移す際に、特に注意すべきことが1つあります。それは「土日でも平日と同じ時刻に起きて、同じ時刻に寝る」ということです。

    生活のリズムはすべての基本です。受験勉強を効率的に進めるには、毎日の生活がきちんとしていなければなりません。「普段は7時前には起きなければ学校に間に合わないのに、土日は9時過ぎまで寝ている」とか「土曜の夜はいつもより遅くまで起きている」なんていう不規則な生活は最悪です。そんなことをすれば月曜の朝に起きるのがつらくなるのは必定です。そもそも寝起きの時間が速くなったり遅くなったりするということは、自ら進んで時差ぼけ状態を招いているようなものです。そんな状態で頭が活発に回るわけがありませんから、勉強の能率は著しく低下します。それを防ぐには、「寝起きの時刻をきちんと決めること」と「7時間半程度の睡眠時間を必ず確保すること」の2つが極めて大切になるのです。



    このような規則正しい生活のリズムを身になじませる上で、祝日の一切ないこれからの10週間はうってつけなので、私は「チャンス」だと申し上げたのです。

    アジサイ

    このお話はさらに次回にも続けようと思いますが、最後に1つ、ヒントになるお話をご紹介いたしまししょう。


    現在も米国のメジャーリーグ(MLB)の最年長外野手としてマイアミで活躍中のイチロー選手は、MLBの歴史を塗りかえる数々の偉大な記録を打ち立て続けてきました。中でも彼が2004年に更新したシーズン最多安打記録(262本)は、これまで100年以上も破られることのなかった不滅の大記録です。そんなイチロー選手がそれまでの257本という記録を更新した直後の会見で、こんなことを言っています。

    「小さいことを積み重ねることが、とんでもないところにいくただ1つの道だ。」

    これは、中学受験を目指すお子様にもきっと当てはまることでしょう。毎日コツコツと当たり前のことを繰り返すことこそが、自らの第一志望校に合格する最短の道なのです。



     

    理科の勉強方法


    ここでは、中学入試の理科をどのように学んでいくかについて紹介します。また、理科の勉強法だけにとどまらず、広く中学入試の意義などについても、いろいろな考え方を紹介しています。

  • 理科の勉強方法(記事一覧)

  •    〜最新のコンテンツ〜

  • 中学入試の理科って難しい?
  • 合格点を取る基本戦略
  • 栓のない浴そうに水を溜める?
  • 小分けにせずに覚えよう
  • トイレのルールを変えてみる?
  • 皿回しの理論
  • どのくらい覚えるの?
  • 理科の成績が合否を分ける
  • Eテレがホントにすごい!?
  •  

    理科の豆知識


    ここでは、理科に関するさまざまな知識にスポットライトを当てるコーナーです。電子顕微鏡で見た花粉の画像を紹介したり、人気アニメの名探偵コナンの劇中セリフをひもといたり・・・・ 単なる中学入試の知識を越えたトリビアを紹介します。

  • 理科の豆知識(記事一覧)

  •    〜最新のコンテンツ〜

  • 梅?桃?それとも桜?
  • ミクロの世界をのぞく!(花粉編)
  • ミクロの世界をのぞく!(昆虫編)
  • なんてスペシャル!
  • 空の青と海の青
  • 光電池の不思議なつなぎ方
  • かくし方が大切?な光電池
  • エルニーニョ現象のひみつ
  • 雲 〜その正体とでき方〜
  • 雲のでき方とエアコンの深い関係?
  • 月の満ち欠け
  • 青色LED、ここがポイント!
  •  

    計算問題 〜解法の奥義皆伝〜


    多くの生徒が苦手意識を持っている理科の計算問題。その解法のテクニックの一端を、例題を交えて紹介していきます。図と文だけでは伝わりにくい部分もあると思いますが、計算問題の勉強を進めていく上での大切なポイントを少しでもお伝えしたいと思います。

       〜最新のコンテンツ〜

  • 豆電球の回路の明るさ比べ
  • てこのつりあいの解法
  • 地震に関する計算問題
  • フェーン現象の計算問題
  • ばねとてこのつりあい
  • 月の動きに関する3つの計算
  • スラスラ解ける浮力計算の解法
  •  

    コンテンツ・ナビ


  • ホーム
  • 理科の勉強方法
  • 理科の豆知識
  • 計算問題 〜解法の奥義皆伝〜
  • 運営者
  • お問い合わせ
  •  

     

    inserted by FC2 system