• ホーム
  • 理科の勉強方法
  • 理科の豆知識
  • 計算問題 〜解法の奥義皆伝〜
  • お問い合わせ
  • 『宿題をどのタイミングやるか』 〜受験勉強の最も基本的なこと〜


    たいていの進学塾では2月から新学年の授業がスタートしていることでしょう。春休み前のこの時期は新しい学年に進級した直後ということもあって、親子ともにやる気に満ちて過ごされたかもしれません。その一方でうまくいかないことも出てきて、勉強の進め方で悩まれている方も多いのではないでしょうか。

    そこで今回は、受験勉強の基盤である『宿題の取り組み方』について掘り下げてみたいと思います。


    多くの塾では毎週あるいは隔週で授業内容の理解度を確認するテストが行われ、月1回のペースで月例テストが行われます。そして6年生の夏までは、月例テストとは別に年に数回のペースで実力テスト(模試)が実施されるのが一般的です。 これらのテストで安定した成績を残して入試に向けてしっかりと学力を積み上げるためには、宿題を“きちんと”することが何よりも大切です。しかし、成績が伸びなくて悩んでいるお子様の多くは宿題が“きちんと”できず、授業で習ったことがうまく身に着いていかないのです。


    湘南海岸の夜明け

    大手塾の多くでは、各科目の講師が他教科の状況も考えずに、バラバラに宿題を出します。科目バランスを考慮して宿題の量を加減するようなことは、まずありません。1週間ではとても終わらないほどの宿題を出されることも珍しくはありません。それなのに、真面目な生徒(やその保護者)ほど「何とかして出された宿題を仕上げよう」と無理をしてしまい、学んだことを深く身に着けるという宿題の本来の目的から遠く離れ、宿題が単なる“やっつけ仕事”(=単純作業)になっている例は少なくありません。

    範囲の限られた週例テストならまだしも、範囲の広い月例テストや大きな模試になれば、そんな付け焼き刃のような勉強で成果が出せるわけがありません。まして入試であればなおさらです。

    時間も労力も費やして一生懸命に勉強しているにもかかわらず、思うような成果が出せなければ、お子様の心が折れてしまっても不思議ではありません。そして、そんな状態が長く続けば、いずれはお子様だけではなく保護者までもが疲弊していくことでしょう。


    それでは、いったいどうすれば“よりよい状態”で勉強できるようになるのでしょうか?

    解決法は簡単です。宿題に取り組む日を一気に“前へ倒せばいい”のです。

    前述のような悪しき連鎖にピリオドを打つためにも、先ずは今日からでもすぐに次の3つの手順に転換してください。

      @ 授業のあったその日のうちに、授業で解いた問題を復習する。

      A 今まで解いてきたのと同じくらいの数の問題を解く。まちがい直しまで必ずする。

      B @とAで取り組んだ問題について、テストの直前(前日)に再確認をする。


    アネモネ

    @は、学習の鉄則です。“鉄は熱いうちに打て”という言葉の通り、勉強の基本は“授業の直後に復習する”ことにあります。授業からの時間が経てば経つほど、授業内容の記憶はどんどん薄れていきます。授業で学ぶ内容のうち、授業中に深く記憶に刻み込まれる内容はごくわずかで、たいていの内容は一時的に記憶しているだけで、時間の経過とともに忘れ去られていきます。お子様が嫌いだったり、強い苦手意識を持っていたりする単元なら、信じられないほど短時間のうちに記憶が失われていくのです。わずか24時間でほとんど半減すると言っても過言ではありません。宿題(復習)は授業から時間が経つほど、その意味を失っていくのです。


    Aは、欲ばってはいけない、ということです。宿題に取り組むのはいつもテストの直前(前日か前々日)というご家庭も多いのではないでしょうか。早めに取り組むべきだとわかっていても、他教科も含めて作業を終えることだけに注意が向けられてしまい 、質の吟味が軽んじられていきます。授業から日が経つほど記憶は薄れていくので、学習効率は落ちていきます。そのために余計に解くのに時間がかかるという負のスパイラル(悪循環)に陥っているのでしょう。勉強法を変えるだけで劇的な成績の改善が見られるほど勉強は甘くはありません。今まで5〜6題をやっつけ仕事でやってきたのなら、まずはその5〜6題にまっとうな方法で取り組んでみて、正しい勉強の進め方に慣れていきましょう、ということなのです。


    Bは、危険をはらんだ項目です。あくまでも“最後の確認”程度にとどめてください。時間は15〜20分が限度です。ここに時間を使っては絶対にいけません。なぜなら、そんなことになれば、結局今までのやり方と変わらなくなってしまうからです。主軸となる勉強は必ず“授業直後”に行うという基本を決しておろそかにしないでください。


    桜並木

    ここでご紹介した方法そのものは、決して難しいものではありません。とても理に適った勉強方法なので、私は自信をもってお薦めします。しかし、この勉強法を続けるのは、実際には簡単ではないのも事実です。

    実際にやってみればわかることなのですが、いつの間にか元の“テスト日程に追われる状態”に戻ってしまうのです。テスト直前に付け焼き刃のような勉強をしても意味がないとわかっているのに、いったいなぜなのでしょうか?


    今回のお話を『合格以上の価値ある力を』の3つめのお話として取り上げましたのも、実はそのことについて深く掘り下げてみたいと考えたからです。この続きは次回に触れさせていただきますので、それまでの間、少しお時間をいただきたいと思います。


     

    理科の勉強方法


    ここでは、中学入試の理科をどのように学んでいくかについて紹介します。また、理科の勉強法だけにとどまらず、広く中学入試の意義などについても、いろいろな考え方を紹介しています。

  • 理科の勉強方法(記事一覧)

  •    〜最新のコンテンツ〜

  • 中学入試の理科って難しい?
  • 合格点を取る基本戦略
  • 栓のない浴そうに水を溜める?
  • 小分けにせずに覚えよう
  • トイレのルールを変えてみる?
  • 皿回しの理論
  • どのくらい覚えるの?
  • 理科の成績が合否を分ける
  • Eテレがホントにすごい!?
  •  

    理科の豆知識


    ここでは、理科に関するさまざまな知識にスポットライトを当てるコーナーです。電子顕微鏡で見た花粉の画像を紹介したり、人気アニメの名探偵コナンの劇中セリフをひもといたり・・・・ 単なる中学入試の知識を越えたトリビアを紹介します。

  • 理科の豆知識(記事一覧)

  •    〜最新のコンテンツ〜

  • 梅?桃?それとも桜?
  • ミクロの世界をのぞく!(花粉編)
  • ミクロの世界をのぞく!(昆虫編)
  • なんてスペシャル!
  • 空の青と海の青
  • 光電池の不思議なつなぎ方
  • かくし方が大切?な光電池
  • エルニーニョ現象のひみつ
  • 雲 〜その正体とでき方〜
  • 雲のでき方とエアコンの深い関係?
  • 月の満ち欠け
  • 青色LED、ここがポイント!
  •  

    計算問題 〜解法の奥義皆伝〜


    多くの生徒が苦手意識を持っている理科の計算問題。その解法のテクニックの一端を、例題を交えて紹介していきます。図と文だけでは伝わりにくい部分もあると思いますが、計算問題の勉強を進めていく上での大切なポイントを少しでもお伝えしたいと思います。

       〜最新のコンテンツ〜

  • 豆電球の回路の明るさ比べ
  • てこのつりあいの解法
  • 地震に関する計算問題
  • フェーン現象の計算問題
  • ばねとてこのつりあい
  • 月の動きに関する3つの計算
  • スラスラ解ける浮力計算の解法
  •  

    コンテンツ・ナビ


  • ホーム
  • 理科の勉強方法
  • 理科の豆知識
  • 計算問題 〜解法の奥義皆伝〜
  • 運営者
  • お問い合わせ
  •  

     

    inserted by FC2 system