• ホーム
  • 理科の勉強方法
  • 理科の豆知識
  • 計算問題 〜解法の奥義皆伝〜
  • お問い合わせ
  • エルニーニョ現象のひみつ


    《おことわり》

    本記事は2014年6月16日にアップいたしましたが、その後の長期予報において、気象庁から「2014年夏にエルニーニョが起こる確率は低い」との見解が発表されております。


    先日、「今年(2014年)の夏はエルニーニョ現象が起こりそうだ」という3か月予報が出ました。最後にエルニーニョ現象が起こったのは2009年の夏ですから、実に5年ぶりです。

    一般に“エルニーニョが起きると日本は冷夏になる”と言われていますが、ことはそんなに単純ではありません。しかし、中学入試にもエルニーニョ現象に関する基本的な問題は必ず出題されるでしょう。そこで今回は、エルニーニョ現象のメカニズムと日本の気象に与える影響(えいきょう)について説明してみましょう。(今回は少し長くなります。)


    世界地図−1

    まず、太平洋域を示した右の世界地図を見てください。エルニーニョ現象とは、南米・ペルー沖の海水温が平年に比べて数度も高くなる現象です。このしくみを説明するために、太平洋を赤道面で垂直に切った断面図を示しながら説明していきます。


    エルニーニョ−1

    平常時の太平洋上には貿易風という東風が吹いていて、赤道周辺の海水は東から西へ吹き寄せられ、深さ数百mまで暖水がたまっています。一方、太平洋東部(南米大陸)の深海からは冷水がわき上がってくるので、海面の温度は太平洋西部(インドネシア近海)で高くなり、太平洋東部(ペルー沖)で低くなっています

    また、暖水が集まるインドネシア近海では海面から多量の水蒸気が蒸発して強い上昇気流が生じるので、積乱雲がさかんに発生します。上昇した空気は北上して太平洋高気圧の上空へと流れこみ、夏の太平洋高気圧の勢力を強める原因の1つとなります


    エルニーニョ−2

    ところが、エルニーニョ現象が起きると、平常時より東風は弱まり、ペルー沖の深海からわき上がる冷水の勢いも弱くなるので、インドネシア近海に集まっていた暖水が東の海上へ広がります。そのため、ペルー沖の海水温が平常時に比べて数度も高くなるのです。このような暖水の移動にともない、積乱雲がさかんに発生する海域も平常時より東へ移ってしまいます。

    その結果、日本には次のような3つの影響が出やすくなります。

    世界地図−2

       @ 梅雨明けが遅れる

       A 冷夏になる

       B 台風が多く近づく

    その理由を右の世界地図で説明します。エルニーニョ現象が起きると、インドネシア近海にあった積乱雲の発生域が東へ移動します。その結果、太平洋高気圧も東へ移動して日本から遠ざかるので、梅雨前線を北へ押し上げる力が弱まって梅雨明けが遅れるのです。また、平常時は日本のはるか北方に押しやられているシベリアの寒気が南下してくるので、冷夏になりやすくなるのです。さらに、台風の進路に立ちふさがっていた太平洋高気圧が日本から遠のくことで、台風が日本に近づきやすくなるというわけです。


    さて、ここからは発展事項になります。

    今年(2014年)の夏は、「北日本は冷夏になり、東日本は平年並みで、西日本では猛暑になる」と予想されています。また、5年前にエルニーニョ現象が起きたとき、日本では冷夏になるどころか、逆に猛暑になりました。なぜエルニーニョ現象が起きているのに、このようなことになるのでしょうか。


    低気圧と高気圧

    その理由はこうです。台風などのように、北半球の低気圧には中心に向かって反時計回りに風が吹きこんでいますが、逆に高気圧では中心から時計回りに風が吹き出しています

    日本地図

    エルニーニョ現象が起こって太平洋高気圧が平常時より東に移動したときも、高気圧の縁を時計回りに風が回りこむので、南からの暖かい空気を巻きこみます。一方、太平洋高気圧が日本から遠ざかると、日本の上空に寒気が流れこんできます。このようにして、日本の上空で寒気と暖気が勢力争いをすることになります。この状態は梅雨の時期と似ていると思いませんか。賢明な人なら、きっともうわかったのではないでしょうか。


    そうです。 南下してくる寒気と北上していく暖気のどちらが優勢なのかによって、日本の気温は大きく左右されるからというのが理由です。つまり、太平洋高気圧の位置の変化は日本の天気を左右する原因の1つでしかないというわけです。


    日本の天気予報は、こんなにも複雑な大気現象を高性能コンピューターを駆使して行われています。なかなか当たらないことも多い天気予報ですが、それでもその精度は世界に誇れるほど高いものなのです。


     

     

    inserted by FC2 system