• ホーム
  • 理科の勉強方法
  • 理科の豆知識
  • 計算問題 〜解法の奥義皆伝〜
  • お問い合わせ
  • 計画の立て方が夏休みの成否を左右する


     1回目の『夏を制する者は受験を制す』では、夏休みを有意義に過ごすために“時間と量を決めて”勉強する習慣をつける練習をしようと書きました。 それを踏まえて今回は、どのようにして夏休みの勉強の計画を立てればよいのかについてお伝えいたします。


    木洩れ日

     夏休みの計画と言うと、「いつ、何をするのか」を表などにまとめたものと捉えがちです。最終的な形はそうですが、よりよい計画を立てるには、事前に夏休みの状況を具体的に“想定”しなければなりません。 夏休みの状況を詳細にシミュレーションすることこそ、夏の計画を立てるときに最も大切なことなのです。


     「あれもしなくちゃ、これもしなくちゃ……。」 この夏休みにやりたいこと・やらなければならないことは山ほどあると思いますが、それらをすべて次の3つの基準で分類しながら整理してみてください。

      @ どんなことをしてでもこの夏に必ず達成すべき課題

      A 努力すれば実現可能な課題

      B もし達成できれば大きな自信につながる高い目標


     いかがですか。@の項目があふれ返っていませんか。 「これでは夏休みがいくら長くても終わらない」と思われる方もいらっしゃるでしょう。「こんなにたくさんできるかな……」と不安に思うお子様がいるかもしれません。 しかし、こうして書き出すことで現状を直視することが、夏休みの計画を立てる第一歩となるのです。


    新緑

     それでは次のステップへ移りましょう。書き出した@の中身をもう一度よく検討して、

      @に残す必要のある“重要度の高いもの”

      Aへ“移してもよいもの”

    に仕分けます。 ここが“思案のしどころ”です。 @の内容は決して欲ばり過ぎてはいけません。@の量が多すぎれば、夏休み中にすべて終わらなくなるからです。 そうなれば、お子様は秋からのラストスパートを目前にして、いきなり出鼻を挫かれることにもなりかねません。これでは本末転倒です。 つまり、この仕分けにはお子様本人と保護者の双方の“責任と覚悟”が必要なのです。


     なお、この仕分けは夏休みが始まる前に、何回かに分けてやってください。この仕分けを通して親子で見つめることになる“現実”を正しく理解するためには、ある程度の時間的な猶予が必要だからです。しばらく時間を措いて落ち着いて考えれば、保護者もお子様もそれぞれの立場で認識を深めることになるでしょう。 そうすれば、きっと親子で協力してこの夏を乗り切る空気が生まれてくると思います。



     さて、こうして立てた計画を活かすためにはどうすればいいのでしょうか。 せっかく時間をかけて計画を立てても、それを守らなければ何の意味もありません。 計画を活かすために必要なこと、それは立てた計画をきちんと守ることです。

     ところが、夏休みが始まって1週間も経たないうちに、せっかく立てた計画がいとも簡単に守られなくなります。 時間内に宿題(課題)が終わらないから勉強時間を延ばすという行動を取ってしまうからです。そんなことをすれば、その後にやる予定の課題に取り組む時間が減ったりなくなったりして、結局は計画がないがしろにされてしまうのに、多くの方が安易にこうした行動を取ってしまうのです。

     一度立てた計画を絶対に変えてはいけないと言っているわけではありません。しかし、「日々の時間の使い方に問題はないのか」,「計画自体に無理はないのか」といったことを精査することなく、安易に計画を変えてはならないのです。

    新緑2

     夏休みが始まったら、1日の終わりと週末には反省の時間を設け、計画が守れているかどうかを確認しましょう。 その上で、親子で力を合わせて計画を実行しようとしても続けられない正当な理由があれば、計画を修正するのです。こうして守れる計画を作り、それを着実に実行しましょう。

     夏休みの間に計画に沿って勉強を進める方法を身に着けておけば、秋以降の大切な追い込みの時期の勉強にも必ず大きな力を発揮するでしょう。


     適切な修正を加えながら計画に沿って勉強を進めることには、もう1つの大きな意味があります。 親子で十分納得して勉強を進めたわけですから、たとえ@をやり遂げるだけで精一杯で、AやBに挙げたことの一部しかやり遂げられなかったとしても、お子様には十分な満足感が残ります。 ここでご紹介した勉強の進め方は、「この夏休みの勉強は完璧ではなかったけど、自分としてやれることはすべてできた」という達成感を得るための仕掛けでもあるのです。



     

    特別企画 『夏休みの勉強』


  • 夏を制する者は受験を制す
  • どのくらいの時間を理科の勉強に充てるのか
  • 夏休みにやらねばならない理科の勉強とは?
  • 計画の立て方が夏休みの成否を左右する
  • 達成感を持って終われる夏を目指そう!
  •  

    理科の勉強方法


  • 中学入試の理科って難しい?
  • 合格点を取る基本戦略
  • 栓のない浴そうに水を溜める?
  • 小分けにせずに覚えよう
  • トイレのルールを変えてみる?
  • 皿回しの理論
  • どのくらい覚えるの?
  • 理科の成績が合否を分ける
  • Eテレがホントにすごい!?
  • 理科の勉強方法(一覧)
  •  

    理科の豆知識


  • 梅?桃?それとも桜?
  • ミクロの世界をのぞく!(花粉編)
  • ミクロの世界をのぞく!(昆虫編)
  • なんてスペシャル!
  • 空の青と海の青
  • 光電池の不思議なつなぎ方
  • かくし方が大切?な光電池
  • エルニーニョ現象のひみつ
  • 雲 〜その正体とでき方〜
  • 雲のでき方とエアコンの深い関係?
  • 理科の豆知識(一覧)
  •  

    計算問題 〜解法の奥義皆伝〜


    (理科計算問題 解法のテクニック)

  • 豆電球の回路の明るさ比べ
  • てこのつりあいの解法
  • 地震に関する計算問題
  • フェーン現象の計算問題
  • ばねとてこのつりあい
  •  

    コンテンツ・ナビ


  • ホーム
  • 理科の勉強方法
  • 理科の豆知識
  • 計算問題 〜解法の奥義皆伝〜
  • 運営者
  • お問い合わせ
  •  

     

    inserted by FC2 system