• ホーム
  • 理科の勉強方法
  • 理科の豆知識
  • お問い合わせ
  • 運営者
  • 【よくあるご質問】(家庭教師について)


    〔2017/04/22 改訂〕


    Q1.指導料はどのように決めているのですか?

    A1.指導料は指導開始時期が早い方ほど,1週間あたりの授業時間数が長い方ほど

       割安になるよう細かく設定しております。具体的な金額につきましては、指導を開始

       される時期,そのときの学年,1週間あたりの授業時間数によって異なりますので、

       個別にご相談ください。例えば、5年生の11月までに受講を開始された方の場合、

       6年生になっても5年生と同じ指導単価で授業をお受けいただけるます。


    Q2.入会金や教材費など、指導料以外に必要な費用はありますか?

    A2.指導料以外でご負担いただくのは、公共交通機関による移動交通費だけです

       入会金や授業で使用する教材費等をいただくことはございません。


    Q3.指導料の支払はどのようにすればいいですか?

    A3.指導料は毎回の授業ごとに申し受けます。事前にお伝えいたします交通費とともに

       封筒などに入れてご用意いただき、授業終了時にお渡しください。


    ミルクティーとパウンドケーキ

    Q4.授業が長いようなので心配です。途中に休憩時間はあり

       ますか?

    A4.授業のペース配分には十分考慮しておりますので、事前

       にお申し出がない限り、特に休憩は入れておりません。

       もちろん、ご家庭のご希望があればお取りいたしますし、

       そのお時間は授業時間の計算から除外いたしますので、

       ご遠慮なくお申し出ください。

        なお、15分程度の休憩時間を作ってお子様に軽食など

       を摂っていただくことも可能です。その時間は保護者との

       面談の時間等に充てます。


    Q5.体験授業はどのようなものですか?

    A5.正式に授業のご依頼をいただく前に、お子様に実際の授業を体験していただく機会

       を設けております。実際に授業を行うことで、お子様との相性を双方で確認できます

       のでおすすめしています。

        授業の際は保護者も同席されることを推奨いたしております。お子様とご一緒に

       授業を見学していただくことで、授業内容を十分にチェックしていただけます。また、

       保護者の授業の同席は通常授業でも歓迎いたしておりますので、いつでもお子様

       に授業をお聞きください。

     ○ 体験授業は、ご希望の単元をご指定いただけます。 「“豆電球”がわからない」,

       「“星の運動”が苦手」など、事前にご希望の授業内容・単元などをお伺いした上で

       決めております。


    Q6.体験授業の際の面談ではどのようなお話をするのですか?

    A6.正式に授業のご依頼をいただく前には、体験授業の受講をお願いしております。

       例えば、お子様の成績資料や過去のテストなどを見せていただきながら現状評価と

       その対策についてお話をしたり、正式に授業を受け始めるにあたっての心配事など

       をご相談いただいたりいたします。面談は十分なお時間をお取りして行います。

        なお、面談の中では実際に授業をご依頼いただくかどうかのお返事は求めません

       ので、どうぞご自由にいろいろとご質問をなさってください。


    Q7.授業時間外でも質問は自由にできますか? すぐに返事はもらえますか?

    A7.家庭教師をご依頼いただく大きな理由の1つになるのが、時間の効率利用です。

       理科の受験勉強を進める上で、さまざまな質問事項が出てくるのは当然ですから、

       質問は随時受け付けております。

        最長で1時間という無料枠は、安易な質問に一定の歯止めをかけるために設けて

       いるだけで、過去にこれを理由に質問を打ち切ったことはありません。困ったときに

       いつでも質問ができる私のシステムは、お子様にも保護者にもご好評をいただいて

       おります。


    Q8.授業の予約をすることはできますか?

    A8.2月(新学年)からの授業,夏(冬)休みからの授業を2〜3か月前に予約していただく

       ことは可能です。詳細につきましては、お申し込みの際にお問い合わせください。


    Q9.急に授業をお休みしなければならない場合はどのようにすればいいですか?

       (急に授業開始時刻を変更したい場合はどのようにすればいいですか?)

    A9.授業当日にお子様が風邪をひかれたり保護者の方に急用ができたりして、授業を

       お休みにしたり授業開始時刻の変更が必要な場合には、あらかじめお伝えいたし

       ます緊急連絡先に、できるだけ速やかにご連絡ください。

       私が授業のために家を出ていない限り、キャンセル料等はかかりません。ただし、

       既に授業に向かっていた場合は、次回授業時に交通費の実費のみ申し受けます。


    Q10.授業契約そのものを解約する場合には、どのようにすればいいですか?

    四つ葉のクローバー

    A10.キャンセル待ちの方がおられる場合もあります

       ので、4週間前の授業日までにご連絡くださる

       と助かります。

        なお、毎回の指導料以外に前受金をいただく

       こともありませんので、原則としてキャンセル料

       等をいただくことは考えておりません。


    Q11.現在小学4年生ですが、授業をお願いできませんか?

    A11.毎週決まった時間に5・6年生のような授業を行うことは難しいかもしれませんが、

       体験授業を行った上で、面談等を実施し、ご納得いただける授業の方法をご相談

       の上で決めさせていただきたいと思います。

       個別にご相談を承りますので、メールフォームからお問い合わせください。


    Q12.インフルエンザに関する対応について教えてください。

    A12.以下の内容をご承知おきください。

      @ 生徒本人および保護者は、必ずインフルエンザの予防接種を受けてください。

       (私が他のお子様にウイルスを媒介しないようにするための予防措置です。)

      A お子様に発熱がある場合には、医師の許可が出るまで授業は行いません。

      B ご家族に発熱がある,お子様のクラスが学級閉鎖になった(または学校閉鎖に

       なったというような場合には、速やかお知らせください。個別に対応をご相談させて

       いただきます。


    Q13.平日の日中に、子供ではなく親に子供への教え方を教授してもらえませんか?

    A13.稀なケースではありますが、お引き受けできます。毎週ではなく隔週という形でも

       可能ですし、お友達とご一緒にという形でも構いません。私が授業で使用する教材

       等もご提供いたします。また、保護者の手に負えないお子様からの直接の質問等

       も、無料電話質問の枠を利用していただく形で対応が可能です。

       個別にご相談を承りますので、メールフォームからお問い合わせください。

       ただし、お引き受けするのは6年生の夏休み前までとさせていただいております。



    ※ このページのQ&Aについては、予告なく変更・追記をすることがあります。


    家庭教師について……お申し込みの前にご確認ください。


     

     

    inserted by FC2 system